アスペルガー症候群の恋人

PTSDの私とアスペの彼のお話

ファミレスデート

せっかくサイクリングの楽しみができたとたん、梅雨入りしてしまって毎日元気がない彼(・ω・)

 

今日はパソコンとWi-Fiを持ってファミレスにやってきました。

向かい合わせでパソコンをカタカタ・・・。

 

ちょっと楽しそう(^ω^)

 

ひたすら野菜ジュースを飲んでいます(・ω・)

 

ファミレスまで徒歩5分。

家でひきこもってるよりマシかな~( ˘ω˘ )

ひとりで通院できない彼

彼は重度のコミュ障です。

 

友達や職場の人とも、うまくコミュニケーションを取れません。

両親と話すときも、オドオドいてて敬語で話すのです。

 

今の彼の唯一の難題は『通院』

診察室に入っても、話しません。

先生の言葉に『はい』と答えるのが精一杯。

顔はこわばり、唇と手は震えています。

 

いつも私が一緒に診察室に入り、私が先生とお話しをしている感じです。

先日、自分の思ってることをノートに書いてきたというので、いけるかな?と思い、私が先に診察室を出ました。

 

5分後、青白い顔をした彼が出てきて『もうやだ。怖かった』と言うのです。

『ちいこが出て行ったら、先生の態度が変わった。怖かった』と。

 

なんとなく会話は聞こえてたので、そんな事ないよとなだめたのですが、

『二度と置いていかないで』と唇を噛みしめていました。

 

そもそもですが、人と話せない人が1人で病院に行って、先生の言うことにも答えられない状況で、何がわかるんやろう・・。

そういう人だということはわかったとしても、それ以上の会話ができないなか、あまり意味がないように思ってしまいました。

 

大丈夫。これからも打ち合わせ通り、私から先生に相談するからね(・ω・)

サイクリング

先日、彼に自転車をプレゼントしました(^ω^)

少しでも外に出れたらいいなと思って。

 

ところが、私の想像をはるかに超えて、自転車大好きマンになってしまったのです。

今日も4時間サイクリング・・・。

 

しんどいってー(ノД`)

 

しかし彼は、やる気満々でとても楽しそう(・ω・)

私『暇だなー』

彼『サイクリング?』

ってな感じで、雨の日以外は毎日夕方2時間~3時間、大阪の街を走り回っています。

健康的やけど、限度が・・・。

あぁ、この感じ、いつものアスペルガーあるあるですね(ΦωΦ)

好きな気持ち

彼が調子が悪くても良くても、私は彼が大好きです。

試されるような事されても、どっか行けと言われても、好きな気持ちって変わらないんです(・ω・)

 

だって他と全然違うもん。

彼と出会って世界が変わったもん。

こんな気持ち、他の人とじゃ無理(・ω・)

 

彼は私を『恩人だよ』と言うけれど、私にとっても彼は『恩人』なのです。

 

この表面だけはキラキラしてる生活の、くそみたいな毎日から救いだしてくれたのです(・ω・)

 

どんな優しい人がきても、お金持ちもイケメンも彼には敵わない(・ω・)

うちを笑わせてくれる人はたくさんおるけど、怒らせたり泣かせたりするのは彼だけ(・ω・)

私にも感情があったんやなぁって思えたのです(笑)

 

幸せじゃなくてもええから、ずっと一緒におりたい。

 

天才であほやけど大好き(・ω・)

統合失調症かもしれない彼①

今年になってから、彼の調子がいつもと違う。

急に優しく甘えてくるようになりました。

いつもの私なら大喜びするところなのですが、何かが違うと本能が察知してしまった。

 

なんやろ。この違和感。

 

 

彼の顔が前と違う。

 

私を見る目が、ほんの少し怯えてるように感じました。

気のせいかなと思うレベルなのですが。

 

その時、もっと話を聞いてあげればよかったのですが、

タイミング悪く、私は介護職員初任者研修の短期コースに申し込んでいて、1ヶ月毎日朝から夕方までスクールに通うことになったのです。

 

スクールが終わったら、夜勤の仕事に行くまでの数時間会いに行くけれど、すぐ寝てしまう私(;・∀・)

宿題すら彼に手伝ってもらってるくらい、忙しくて、話を聞くどころか夕飯もお弁当を買って届けるのが精一杯だったのです。

 

1ヶ月のスクールが終わると、彼は6キロも痩せていました。

決まった時間にご飯を食べてたせいか、自分で買い物に行けないせいなのか、彼はお昼を食べていなかったのです。

 

アスペルガー症候群の人は、集中力がとても高く、というより高すぎて仕事に集中してしまうと、食べるのも寝ることすら忘れて没頭してしまうのです。

いつもなら、私が『休憩やで』とか『ご飯やで』とか『ちょっと休もう』って言ってた事が、こんなに大事だったんだなぁと・・・。

 

スクールに通って新しい友達がたくさんできました。

飲み会も増えたりで、私が外出する日も自然と増えてしまいました。

 

4月に入ってから、最初に感じた違和感が、いよいよ形となって目の前に現れてきました。

 

『俺なんていなくていいんだよね?』

 

最初は拗ねてるん?なんてからかってたのですが、日に日に状況は悪くなっていきました。

 

私がスマホをさわっていると、『みんなで俺を悪く言ってるんでしょ』と怒り出したり、『ちいこちゃんに、死ねばいいのにって言われた』など、妄想の話をするようになりました。

どんなに否定しても、彼の中では確たる自信があるようで、話を聞いてくれません。

 

全くの他人が話してる悪口な内容ですら『あれは、俺の事言ってる』と思ってしまい、怒りと悲しみでとても苦しむようになってしまいました。

 

そして、その怒りの矛先は、ついに私に向いてしまうのです(・ω・)

 

 

つづく

#アスペルガー症候群 #発達障害 #自閉症スペクトラム #広汎性発達障害