読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PTSDの私とアスペルガー症候群の彼

PTSDの私とアスペの彼のお話

ひきこもりな彼

アスペルガー症候群な彼の話

【スポンサーリンク】

彼はおうちが大好きです。

出来ることなら、ずっと家に居たいと言ってるくらい(*゚ω゚)

 

パソコンが得意で、大学を出てからずっとプログラマーの仕事をしていた彼は、退職してからもフリーランスで仕事をしています。

時間に縛られることなく、家のパソコンでのんびりお仕事(*゚ω゚)

これが彼にとって1番のワークスタイルだそうで・・・。

そうする為なら、どんな勉強も作業も惜しまない感じなのです(笑)

 

急に出かけることを嫌がるので、長時間お出かけする時は前もって予定を決めます。出かけたら出かけたで、そこそこ楽しんでくれるけれど『今から行こう』というのは、しんどいみたいです。

人ごみが嫌いなので、お出かけと言っても図書館やカラオケが多いのです。

人が多い場所は特に疲れてしまうみたいで、いつも帰りたそうな顔をしてこっちを見てきます(笑)だからと言ってカフェも苦手な彼(;´∀`)遠出したときは頑張ってもらうしかないけれど。

以前、東京でデートをしていて『原宿のクレープが食べたいから連れてって』とお願いしたのですが、竹下通りの入り口まで行って『やっぱり行けない・・・』と言われたことも(笑)

 

遠距離恋愛の頃は、私とのデートとデートの間の日は、コンビニ以外ずっとひきこもってたそうです(;´∀`)まぁ、いつLINEしても返事すぐだし、常にパソコンの前にいるので淋しさは少なかったかな(*゚ω゚)

そうでもないかな(*゚ω゚)やっぱ淋しかったなぁ・・・。

 

そんなひきこもりな彼ですが、私が『会いたい』と言うと、夜行バスに10時間乗って会いに来てくれました(・∀・)

東京に行って、帰りに成田空港の搭乗口で『帰りたくない(´;ω;`)』なんてわがまま行ったときも、『じゃあ、大阪まで送って行くよ』って急遽チケットを取って一緒に飛行機に乗ってくれた事も+.(゚ェ゚)゚+.

 

デートのたびに『どこに行きたい?行きたいとこある?』って聞く私に、『ない。ちいこちゃんと一緒ならどこだっていいから、ちいこちゃんが行きたいとこでいいよ』なんて言ってくれたり+.(゚ェ゚)゚+.

 

私にとって、彼がひきこもりだろうが何だろうが大好き+.(*゚ェ゚*)゚+.