PTSDの私とアスペルガー症候群の彼

PTSDの私とアスペの彼のお話

発達障害者支援法

【スポンサーリンク】

今日は少し難しい法律のお話(・ω・)

発達障害者支援法』についてです。

発達障害者の福祉的援助を目的として、2005年に作られたのだとか。

全文をここに書くのは、心が砕ける作業ですので、総務省のリンクを貼っておきます(*゚ω゚)ノ

発達障害者支援法

法律の詳細はこのリンクからどうぞ(ΦωΦ)

 

それまでは知的障害者福祉法というのがあったのですが、知的障害を伴わない発達障害は、支援の対象外だったのです(・ω・)

 

 

主な内容は、この3項目です。

 

 

私も電話したことがあるのですが、『発達障害者支援センター』の設立もこの法律ができてからだそうです。

そういえば、発達障害という言葉が世間に出てきたのも、ここ10年ほどだと心療内科の先生もおっしゃってました(*゚ω゚)

 

法律は難しいのでガッツリ読み込んだり覚えるのは難しいです・・・(・ω・)

ざっくり読んで要点を私なりに軽く(軽すぎますが)まとめてみました(*゚ω゚)ノ 

 

 【発達障害の早期発見について】

乳幼児健診や就学前検診で発達障害の検査もするようになったそうです。障害児通園施設や子供向けデイサービスなどもあり、集団生活に適応できるよう準備するそうです。

 

【発達支援を行うことに関する国及び地方公共団体の責務】

責務というとちょっと固い気がしますが、医療、保健、福祉、教育、労働などそれぞれが連携して発達障害者を支援しましょうねってことです(*゚ω゚)

 

発達障害者の自立及び社会参加に資する支援】

これはもう大人の発達障害にとって1番大事なことですよね(・ω・)
発達障害者が就労のための準備を適切にできるような就労訓練や就労支援、障害者枠での雇用などです。

 

まぁ、ちゃんと支援すっから安心せぇよ!!

ってことですね(*゚ω゚)

ごめんなさい。私の脳みそではこれが限界でした(・∀・)パァ