読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PTSDの私とアスペルガー症候群の彼

PTSDの私とアスペの彼のお話

通院を始めた彼①

アスペルガー症候群な彼の話

【スポンサーリンク】

つ、つ、ついに!!!!

 

ちぇるが病院に行きました(ФωФ)

今回はそのお話。

ちょっと長くなりそうなので、わけて話します(*゚ω゚)ノ

 実は2年ほど前にも発達障害と躁鬱で1年ほど通院していたそうですが、途中で挫折。

それでも、ただでさえ人と話すのが苦手なのに1年も通院していたのは褒めてあげたいのですが。

 

通院のきっかけになったのは、お仕事なのです。

自宅でパソコンのお仕事をして悠々自適な暮らしをしていたのですが、先月突然行き詰ってしまい、そこから鬱傾向で全く仕事が手につかなくなってしまいました。

とは言っても生きていくためにはお金が必要なわけで・・・。

幸い、倹約な彼は貯金があるので、すぐにどうこうというわけではないのが救いです。

 

ハローワークに行ったり求人誌を見て『プログラマー』のお仕事を探してみたものの・・・。

学歴や経験や知識があっても、どうしても働きに行くことができないらしくて(・ω・)

何が問題かすら曖昧で、焦りと不安に耐えかねた彼は『就労支援』というのにたどり着いたのです(*゚ω゚)ノ

 

なんとなく聞いたことのある言葉(・ω・)

 

彼曰く『就労支援を受けて、障害者枠で働きたい』とのこと。

これには少しばかり驚いた私(・ω・)

それと同時に、ここまで悩んでいたのかと申し訳ない気持ちになりました。

 

何の知識もない私は、まず地域の『発達障害支援センター』とやらに電話(*゚ω゚)

当たり前だけれど、障害者枠で働くには障害者手帳が必要とのこと。

就労支援はほぼ無給だということ。

 

いろいろ選択肢はあるものの、何が彼に合っていて、何から始めたら良いのか考えた結果、やはり病院が先だという結果になりました。

 

通院→自立支援を申請→手帳を申請→障害年金を申請→就労支援、もしくは作業所に通所→障害者枠に就職。

 

この段階で鬱が良くなっていれば一般就職も可能かな・・・という感じです。

 

まぁ、そんなに簡単ではない道のりですが、何もせずにいるより前に進もうということになりました(*゚ω゚)

 

数ヶ月前のこと、病院に行く直前で『どうしても行きたくない』と言われた事があったのですが、今回は本人も前向きに考えてくれていて安心しました(・∀・)

『ちいこが一緒なら頑張れる』と言ってもらえて、嬉しかったです。

まぁ、今回は治療より支援目的なのですが、それでも行って悪くなる事はない!!

きっかけなんて、何でも良かったんだなーと思いました。

 

つづく(*゚ω゚)ノ